スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角膜内皮細胞検査


  角膜内皮細胞検査



上の映像を見て思い出しましたよ。

僕も看護師さんに案内されて、
機械の前に座りましたよ。

看護士さんが、小さなサイズの
写真を撮影されていました。

カルテに挟んでいるのを
後日、少し見たのですが、
何が写されているのか?


素人には、サッパリ??
分かりませんです。~~ハイ!!


この検査は、
白内障の手術前検査だけではなく

レーシック適応検査
コンタクトの装用にも重要になります。


 検査方法

上の映像の機器、
スペキュラーマイクロスコープを
使用して角膜内の細胞を撮影します。

一瞬に、強い光を当て
角膜の内側にある細胞を撮影して、
細胞数、大きさ、形を測定します。

 検査結果から分かること

正常な人で、角膜内に
1平方メートルあたり
2500個から3000個があります。


白内障では、1000個以下なら
手術をオススメできないようです。

レーシックでは、1500個以下なら
角膜の接着再生が、巧く治らない
可能性があるので、手術できません。



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ブログライター記事
ジャンル : アフィリエイト

細隙灯顕微鏡検査


  細隙灯顕微鏡検査


手術前術後・診察の際に、
毎回、診断してもらっています。

ほぼ、三ヶ月前からの記憶と
最近の診察まで何回も受けています。

医師の前に座り
機械が載っているテーブルが
スライドして間の前に来ます。

部屋のライトが、手元で
切り替えられ部屋が暗くなると
あごと額を固定、光がに当たります。



検査は、十数秒です。



いつも本当に、簡単に、診察が終了します。

この機器にかかると、
異常があれば、すぐに分かります。

いえ、当然として医師(とくやま先生)の
腕の良さ・診断の確実さ も! あります。

緑内障、白内障、については、コチラです。




続きを読む

テーマ : ブログライター記事
ジャンル : アフィリエイト

屈折検査


  屈折検査

白内障の検査や
コンタクトレンズ・メガネの処方に

必要となる検査ですが、
長く時間はかからず、ほんの数秒です。


 自覚的屈折検査


眼科やメガネ・ショップで
検査用メガネを架けて凹凸レンズ
取り替えながら検眼するタイプの視力検査。
*********************************

若いときは、
ピント調節機能が、よく働いて、
近視、乱視、遠視になりにくいものです。


老齢に近づいてくると、
目の筋肉が衰えを見せ始め、
焦点を合わせる機能に違和感を
感じるようになります。

その時、この屈折検査
(いわゆる視力検査)で、
異常を測定するための検査です。

自動機器で、検査する方法などがあります。
*********************************

 自動屈折検査

具体的に検査状況を
把握できる画像がないか?探してみました。

コンタクトレンズ教室:
コンタクトレンズに必要な検査と処方
 の

ページに「 (写真5)
オートレフラクトメーターによる
屈折検査」という画像が参考になります。

自動屈折検査とは、
検査機器の名称に
オートレフラクトメーターがあります。

オートレフラクトメーターは
眼に入った光の変化を調べます。

検査機器の前に座り
あごと額をつけて固定します。

眼に光線が当てられて、
眼の反応を測定します。

この機器の詳細写真で参考になるのは、

TOPCON
アイケア オートレフラクトメータ


受ける側の患者としては、
あまり興味の無い機械の説明ですが、

この機械が、
レンズに必要な計算を行い、
自動的に矯正の数値を出してくれます。






続きを読む

テーマ : ブログ記事型アフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

画像解析検査


  画像解析検査

ここで書いている内容は、
コピーして来たものであり,著作権は、
以下のリンクに存在します。

黒い文字は、私がリライトしたものです。

緑の文字は、読むことで理解したものです。

何度か似たような検査は、
受診したような記憶があるのですが、

確認しなかったので、
間違った記載をしていることもあります。

時間とともに変化する医療事情に、
追随していないこともあるでしょう。

参考資料として、ご覧頂ければ、幸いです。


病院の検査の基礎知識

より 抜粋、参考にしました。


緑内障は、
眼球の中の圧力が、
視神経を圧迫して、血流などの
正常な働きを阻害します。

その症状として
視野が狭くなったり、
視力が低下する病気なのです。

一度、障害を起こして
失われた視神経は回復しません。

中途失明の原因
第二位になっている病気です。

緑内障の検査としては
眼圧測定、
視野検査、
眼底検査が行われています。

日本人の場合は、
眼圧は正常で視神経に異常のある
「正常眼圧緑内障」の方が多いのです。

早期発見のためには
視神経乳頭の状態をみる
眼底検査が重要になっています。

視神経乳頭は、
脳から眼球の中に入ってくる
視神経が束状になっている部分で、
赤味を帯びた円形として見られます。

緑内障を発症すると
眼圧でこの部分が押されて、
「凹み(へこみ)」が大きくなり、
白くなって見えます
(視神経線維の数が減少している)。

しかし、
従来の眼底検査は
平面写真で診断するため、
視神経乳頭の凹み具合の判定は、
眼科医の技量・経験によって
開きが生じるという問題がありました。

そこで、
客観的かつ的確に
眼底を診断できる手段として
生まれたのが眼底三次元画像解析検査です。

解析の方法には
共焦点走査レーザー眼底鏡(HRT)、
共焦点走査レーザーポラリメーター、
光干渉断層計(OCT)の3種類があります。

共焦点走査レーザー眼底鏡
目に微弱なレーザー光を照射して、
眼底の断層写真を撮影します。

そのデータをもとにコンピューターで
眼底の様子を立体的に再現し、
視神経乳頭の陥没の程度を計測して、
異常の有無を自動的に判断する検査です。


共焦点走査レーザーポラリメーター

共焦点走査レーザー眼底鏡と
同様にレーザー項を照射して、
神経線維層の厚みを計ります。

この装置は、
ごく早期の緑内障でも発見できます。


光干渉断層計(OCT)

赤外線の光を使い、
網膜の断面増を詳細に描きます。

視神経乳頭の陥没、
神経線維層の厚みの
両方を調べることが出来ます。


検査を受けるときの注意点

これらの検査を行う機器は
近年に登場したばかりもので、
高価なこともあり、設置している

眼科医療機関は
全国で1割以下となっています。

また、この検査を受ける患者さんは、
保険診療分の自己負担のほかに
検査代として保険外の費用を
負担する必要があります。

1回の検査につき
2000~5000円が
平均的な金額のようです。




フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
            より抜粋。

続きを読む

テーマ : ブログでアフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

tag : 画像解析検査

蛍光眼底造影検査


 蛍光眼底造影検査

緑内障の疾患に、
付随した検査となります。

疑われる病気に、
合併症である糖尿病網膜症。
網膜血管梗塞、ぶどう膜炎など

加齢黄斑変性症の
診断には欠かせない検査です。


  検査内容

眼の中の血液の流れを調べます。


通常の眼底検査では
発見できない病変を検査します。

網膜の血管から
血液の成分が漏れているか?

その漏れている血管の位置?
といったことを判定します。

糖尿病網膜症の場合、
レーザー光凝固術が
必要か?しないか?を判断する
この検査は大きな助けになります。


蛍光眼底造影 検査方法

腕の静脈から色素を注射。
(フルオレセイン または、
インドシアニングリーン)

眼底カメラで網膜の
血管の連続写真をとります。

血液に入った色素は
蛍光を発して正常な部分は、
フィルターを通すと白く写ります。

毛細血管が
詰まっている部分は暗く写ります。

正常な部分と暗く写った部分で、
区別することができるのです。





 人気ブログランキングへ登録しています。
            応援 戴けますでしょうか?












----------

テーマ : ブログ記事型アフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

眼圧検査


  眼圧検査

白内障

緑内障


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    より抜粋。
         
*******************
   眼圧検査

毎回軽い気持ちで受けていますが、
眼に風が当たるのは、
何度やっても慣れませんね。

 眼圧検査とは?

眼球の固さを測定します。

眼球圧(がんきゅうあつ)の
変化を調べる眼に空気を
当てる検査が一般的です。

「緑内障」の発見に
欠かす琴が出来ない検査です。


  検査方法?

嬉々の前に座り、
あごを乗せ額をつけて頭を安定させます。


角膜(かくまく)に空気を
噴射して測定する空気眼圧計
ノンコントノメーターと、

眼に、20秒前後で効く
表面麻酔薬(ひょうめん ますいやく)を点眼し、
角膜に、器具をあてて測定する方法があります。


ゴールドマン型眼圧計は、
座ったままで検査できます。

シェッツ眼圧計(がんあつけい)は、
一般的でない上、現在ではあまり
使われていない方法で、病床にあり
起き上がれない場合に使われています。

検査機器の進化に伴い、
どちらも痛みはなく測定時間は、数秒です。

  検査結果?

結果はすぐわかります。
正常眼圧は、10~21mmHg以下。

21mmHgを超える高い値なら、
緑内障を疑い、更なる精密検査が必要。

*******************


  機器と検査?

フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
より抜粋。

非接触型として圧縮空気を
吹き付けるノンコントノメーターがある。

検査機器は接触型と
非接触型の二つに分けられ、
接触型としてゴールドマン眼圧計や
パーキンス眼圧計、トノペンなどがあり、

表面麻酔薬を用いて麻酔後、
時に黄色い色素をつけてから施行する
必要があるが後者よりも測定精度が高い。

またその施行には熟練を要する場合もある。

眼圧には日内変動があり病院受診時の
眼圧が代表的な眼圧とは限らない。

外来での眼圧が低いにもかかわらず
緑内障の進行が止まらない場合には、
他の時間帯に眼圧が上がっていることを
疑って24時間の眼圧の推移を測定する場合がある。

日内変動の他に日々変動や季節変動もある。

一般に角膜が平均より厚い人は
眼圧が実際よりも高く測定され、

逆に角膜がもともと薄い人や
近視矯正手術で薄くなっている人は、
眼圧が実際よりも低く測定される。

他にも角膜の病気があると
正確な眼圧測定ができずに
緑内障の病状把握が困難になることがある。

高眼圧症と診断される人の中には
角膜が厚いだけで実際の眼圧は高くない場合もある。

フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
より抜粋。





 人気ブログランキングへ登録しています。
            応援 戴けますでしょうか?



















---------

テーマ : ブログ記事型アフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

眼底検査


  眼底検査


隅角(ぐうかく)検査
の項でも、
自分の意見を書き込んでいます。


『病院の検査の基礎知識』
より抜粋。

************************
      眼底検査

白内障でも検査することがあります。
散瞳薬で、瞳孔を広げます。

************************
眼底検査とは、
瞳孔の奥にある眼底を、
眼底カメラや眼底鏡という器具を用い、
レンズを通して観察し、眼底の血管、
網膜、視神経を調べる検査のことです。

網膜剥離や眼底出血、
緑内障などの目の病気を
調べるときに行ないます。

なかでも、緑内障が
疑われる人の発見が重要です。

日本人の場合は、
眼圧が正常範囲内でも視神経障害が起こる
「正常眼圧緑内障」が多いので、

この病気を早期発見するためには、
眼底検査における視神経乳頭の
所見が決め手となります。

また、眼底の血管は人間の体の中で
唯一直接に血管を観察できる部位のため、
そこを観察すると動脈硬化、脳腫瘍、
高血圧などの全身の病気が推察でき、
生活習慣病の検査としても有効です。
************************
眼底検査はどのような検査か?

20分後、光を見ると
眩しいので、サングラスが必須です。

車の運転などは、しない方が良いのです。

**********************************
眼底検査には次のような方法があります。

いずれも散瞳薬を点眼して
瞳孔を広げて行ないますが、
最近では無散瞳カメラを使って
検査する場合もあります。

検査時間は、数分で痛みはありません。
********************************
直像検査法
瞳孔に光を入れて、
検眼鏡で眼底を観察します。

約15倍に拡大できますが、
網膜の中心部しか観察する事ができません。
************************
診察時、医師に360度ゆっくりと、
すべての角度に、眼を向けるように指示されます。

中心部しか見えない眼底を
眼を回すことで、角度が変わるため、
他の部分も不正確ながら確認することが
出来るのではないでしょうか?????

*********************************
倒像検査法
瞳孔に光を入れ、
反射してきた網膜像を
凹面鏡に映してみる方法です。

網膜全体を見ることができますが、
5倍くらいにしか拡大できません。
************************
細隙灯顕微鏡による眼底検査
レンズの付いた三角錐の
三面鏡に眼底を映し、
それを細隙灯顕微鏡で観察する方法です。

眼底とその周辺まで、
鮮明に映し出すことができます。

多くは直像検査法と
倒像検査法をあわせて行ないます。

いずれも、検査をしながら
撮影する眼底撮影も行ないます。

近年は、より精度の高い
眼底三次元画像解析検査が
一部の眼科医療機関で導入されています。
************************
緑内障かどうかの診断は、
視野検査、眼圧検査、
細隙灯顕微鏡検査、
隅角検査などを行なって、
それらの結果を総合的にみて行ないます。
************************
異常な場合に疑われる病気
緑内障、「正常眼圧緑内障」
網膜剥離、糖尿病性網膜症、
眼底出血、網膜色素変性症、眼内腫瘍、
視神経萎縮、乳頭浮腫、脳腫瘍、くも膜下出血など

このページに、写真がありますのでご覧くださぃ。

『病院の検査の基礎知識』
http://medical-checkup.info/article/43148837.html
より抜粋。





 人気ブログランキングへ登録しています。
            応援 戴けますでしょうか?



















-------------

テーマ : ブログ記事型アフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

視野検査


  視野検査

眼底検査の項でも、
自分の意見を書き込んでいます。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    より抜粋。

************************
      視野検査

おそらくゴールドマン検査を受けたことがある。

視点は、あくまで中心に
その周りに出た、小さい光の点が見えたら
ボタンを押すという検査でした。


右は、何とか巧く出来るのだが、
見えにくい左目では、巧くいかなかった。

私の左目は、焦点がずれているようなのだ。

光を追いかけて、ボタンを
押したときには、消えていて、
次を判別できなかったりした。

************************
緑内障を発症すると
視野に異常が現れるが
ビエルム領域と呼ばれる中心から
15度〜30度の範囲に視野異常が
初発することが多い。

通常末期になるまで
中心視野は保たれることが
多いため視野異常を自覚しにくい。

しかし中心視野が
損なわれると視力は急激に低下する。


************************
ゴールドマン視野計 (GP)
************************
指標を外から中心へ向かって動かし、
見えた位置をつなげて視野の形を
決定する検査で動的視野検査と呼ばれる。

視角90度まで測定できるので
視野全体の形を把握するのに適している。

検者の技量に依存し
異なる検者間での比較が困難であり、
また定量性に欠けるという欠点がある。


************************
ハンフリー視野計 (HFA)、オクトパス視野計
************************
異なる明るさの光を提示して、
光が見える最小の輝度から
その位置の感度を決定する
検査で静的視野検査と呼ばれる。

緑内障性変化のでやすい
中心視角30度で検査をおこなうことが多い。

ゴールドマン視野計よりも
初期緑内障の検出感度が高い。

初期から中期の緑内障の
経過観察に適し、また定量性に優れる。

末期となり固視点が
小さい場合も中心10度の検査で
経過観察をおこなうことができる。

短時間に行う設定も存在し
簡便に施行することができる。

また動的視野も測定する
プログラムが開発されている。


************************
FDTハンフリー視野計
(Frequency Doubling Technology Perimetry)
************************************
オクトパス視野計では検出できない、
より早期の緑内障発見をめざして開発された。

異なる輝度の縞模様を反転させ、
そのちらつきが見える
最小の輝度から感度を決定する。

前2機種に対する明らかな
優位性は確認されていない。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    より抜粋。





 人気ブログランキングへ登録しています。
            応援 戴けますでしょうか?















----------

テーマ : ブログ記事型アフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

隅角(ぐうかく)検査


  隅角(ぐうかく)検査

眼圧検査・・緑内障の検査の項でも、
自分の意見を書き込んでいます。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    より抜粋。

***********************************
  隅角(ぐうかく)検査

この検査は、受けたことがありません。
経験した方は、コメントの書き込みをお願いします。

****************************************
緑内障の病型を定めるためにおこなう。

表面麻酔をおこない
検査用のレンズを角膜に乗せて
水の出口である隅角の状態を検査する。

隅角の開大度や形態異常、
色素沈着、隅角後退、新生血管、
虹彩前癒着などの有無を確認する。

血管新生緑内障の隅角新生血管や
落屑症候群のサンパオレージ線、
ポスナーシュロスマン症候群の健眼よりも
薄い色素沈着沈着など特徴的な所見も多い。

病型によっては
進行度合いによって
隅角の状態も変わるので
検査を繰り返す場合もある。
*************************************
緑内障を診断するのに、
欠かせない検査のようなのです。

この検査も、何度か
経験すれば慣れるものなのでしょうか?

コンタクトを眼に乗せた経験は、
何度もありますが、慣れていない!!

同じ気分を味わっている人もいるハズ。


このページに、写真がありますのでご覧くださぃ。
*************************************

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    より抜粋。





 人気ブログランキングへ登録しています。
            応援 戴けますでしょうか?



















-----------

テーマ : ブログ記事型アフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

google
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

大神勝之

Author:大神勝之
ハンドルネーム
大神勝之
年齢:44
性別:オトコ
職業:自営業

最新記事
最新コメント
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSフィード
カテゴリー
FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 健康ブログへ

リンク
レーシック
私がお世話になっている
とくやま眼科さんのページです。


私の記事は、コチラです。

私が手術を受けた
坪井眼科さんのページです。

日帰り手術センター
Tsuboi Eye Center:
大阪 坪井眼科


坪井眼科さんの
記事は、こちらです。


上記以外の眼科クリニックは、
--- 以下に記載しています。 ---

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター大阪院

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター新宿院

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター名古屋院

神奈川クリニックのレーシックメイトに登録し、紹介した家族や友人が神奈川クリニックで手術を受けると謝礼がなんと3万円!詳しくはこちらへ




眼科松原クリニック

優愛クリニック

視力回復レーシックコム

お気に入りに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。