スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白内障


  白内障

眼科受診の衝撃では、私の体験談を書いています。

眼の視界が、白く靄(もや)が
架かったような見え方になります。

診察を受けた上で、手術することになります。

自覚症状が少ない症例もあります。

角膜の下にある水晶体が
濁っていますので、これを取り除く。

そのままでは、極度の遠視となりますから
透明な眼内レンズを挿入、移植する手術です。


  小切開手術


超音波乳化吸引法。
角膜のある黒目と白目の境界を
少しだけメスで、2~3ミリ切ります。


小切開手術という方法をとりますが、
始まってから10年以上経過しています。

手術に使用する機械類が、代替わり
新しくなるたびに、安全性はより一層、
向上し、短時間になりました。

患者さんの負担も軽くなり、
精神、身体の苦痛も少なくなりました。


   術後

手術後も、メガネの装用が、必要になります。

文字などを読むための新聞、
車の運転において、メガネ使用が基本ですが、
なるべく裸眼で生活したいとのご希望が強い場合。

老眼手術
(多焦点レンズやモノビジョン)を
挿入してもらうことも出来ます。

ご相談は、コチラが良いと思います。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
白内障手術:大阪 坪井眼科

------------------

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 より 抜粋。

    白内障

(はくないしょう、英cataract)は、

目の疾患の一つ。

水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、
物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる。

以前は「白底翳」(しろそこひ)と呼ばれていた。

    原因

水晶体を構成する蛋白質である
クリスタリンが会合することで変性し、
黄白色または白色に濁ることにより

発症するが、
根本的な原因は解明されておらず、
水晶体の細胞同士の接着力が弱まったり、

水分の通りが悪くなったりして
起こるのではないかといわれている。


発症は45歳以上の中年に多く、
年齢を重ねるにつれて割合が増加する。

また、80歳以上の高齢者は
ほとんどが何らかの形で白内障の症状を
引き起こしているといわれるが、

進行の速さには個人差があり、
目が見えづらくなるといった症状に至るとは限らない。

このため、水晶体の白濁そのものは、
病気ではなく、皮膚のシミや皺などと同じく
老化の一環であるという考え方もある。


老化以外では、
下記のような原因で発症することがある。
*********************************
先天性

代謝性:糖尿病、ガラクトース血症
胎内感染:風疹、トキソプラズマ、
サイトメガロウイルス
*********************************
後天性
外傷性、電撃外傷

硝子体手術後、SF6等ガス挿入後、
有水晶体眼内レンズ挿入眼

有害光線(紫外線や赤外線)によるもの
私の場合ですが、
パソコンやテレビ、細かい仕事などで、
眼を酷使したために、視力が落ちました。

診断を受けた結果、白内障だったのです。

原爆やレントゲンなどによる放射線被曝
*********************************
後天的と思われるもの
眼内炎やぶどう膜炎などの炎症、
網膜剥離など目の病気の合併症

薬物性:ステロイド、クロルプロマジン、
塩酸ピロカルピン(縮瞳薬)

アトピー性皮膚炎の合併症
全身性疾患:ダウン症候群、Alport症候群、
Werner症候群、筋緊張性ジストロフィー
**********************************
     症状

発生の原因によって、
症状の現われ方と進行の速度に違いがある。

いずれの場合も、
最終的には視界が白濁する。

ある程度まで白濁が進むと
水晶体の中で散乱する光によって
視界が白く染まってしまう

(そのため、夜はともかく、
日中はものを見ることができなくなる)が、

そこに至る過程では
視界に霧がかかったようになる
(「すりガラス越し」と表現されることもあるが、

湯気の満ちた浴室や
スチームサウナの中にいる時のように、

「白く靄がかかってはいるが、
その向こうの物体にはピントが
合ってちゃんと見える」状態となる)。

 核性白内障の場合

核性白内障の場合には、
近視が進むことが知られている。

なお、加齢による場合は
黄白色・茶褐色に濁るが、
年齢が若い場合は白色に濁る。


私は現在、39歳です。

若くても発病しました。
眼の一部分が白く濁る現象です。

半年から一年の間に、
0.7から0.1に落ち込みました。


 加齢に伴う場合

加齢に伴う症状の場合、
視野の周辺部から発生し、
中心に向かって進行していくことが多い。

この場合、初期の段階では
症状が発生していること自体に

気付きにくく、また症状の進行速度には
個人差が大きいことから、進行が遅い人では
死亡するまで症状が表面化しないことも珍しくない。


病変が生じるとその部分で
光が散乱するようになるので、

明るいところでは
なんとなくものが見えづらくなったり、

光源を直視していないのに
眩しく感じたりするようになる。


さらに症状が進行すると
眩しさが強くなるため、
眼が疲れやすくなったり、
眼底に痛みを感じるようになる。


さらに進行すると
黒目の部分が白っぽく
濁って見えるようになり、
視界が白濁して見えなくなる。


 アトピー性白内障の場合

アトピー性皮膚炎の患者に合併する。

先に述べた一般の
加齢性白内障と違い、
若年者に発生することが多い。

アトピー性白内障においては、
水晶体の後嚢の中央部
(視野で言うと中央の部分)から
白濁が始まることが多いとされている。

中央部に混濁があるため
比較的早くから視力障害や
霧視感を訴えることが多く、
手術に至る例もある。

また進行が速い例もあり、
点眼薬などによる進行の
予防は期待できないことも多い。

原因はアトピー性皮膚炎に
よるものや掻痒(そうよう)に伴う
眼の外傷などが考えられるが、判然とはしない。


続きは、まだあるのですが、
眼に異常を感じた場合、診察に行くと思いますので、

続きに書かれていることは、
知識として知っておく程度でよいと思います。

故に、ここで続きを抜粋することはしません。
読みたい方は以下からお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
白内障 - Wikipedia

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 より 抜粋。

--------------------





 人気ブログランキングへ登録しています。
            応援 戴けますでしょうか?
















------------
スポンサーサイト

テーマ : ブログ記事型アフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

眼科の名医

とても参考になりました。また寄らせていただきます。
google
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

大神勝之

Author:大神勝之
ハンドルネーム
大神勝之
年齢:44
性別:オトコ
職業:自営業

最新記事
最新コメント
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSフィード
カテゴリー
FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 健康ブログへ

リンク
レーシック
私がお世話になっている
とくやま眼科さんのページです。


私の記事は、コチラです。

私が手術を受けた
坪井眼科さんのページです。

日帰り手術センター
Tsuboi Eye Center:
大阪 坪井眼科


坪井眼科さんの
記事は、こちらです。


上記以外の眼科クリニックは、
--- 以下に記載しています。 ---

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター大阪院

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター新宿院

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター名古屋院

神奈川クリニックのレーシックメイトに登録し、紹介した家族や友人が神奈川クリニックで手術を受けると謝礼がなんと3万円!詳しくはこちらへ




眼科松原クリニック

優愛クリニック

視力回復レーシックコム

お気に入りに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。