スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屈折検査


  屈折検査

白内障の検査や
コンタクトレンズ・メガネの処方に

必要となる検査ですが、
長く時間はかからず、ほんの数秒です。


 自覚的屈折検査


眼科やメガネ・ショップで
検査用メガネを架けて凹凸レンズ
取り替えながら検眼するタイプの視力検査。
*********************************

若いときは、
ピント調節機能が、よく働いて、
近視、乱視、遠視になりにくいものです。


老齢に近づいてくると、
目の筋肉が衰えを見せ始め、
焦点を合わせる機能に違和感を
感じるようになります。

その時、この屈折検査
(いわゆる視力検査)で、
異常を測定するための検査です。

自動機器で、検査する方法などがあります。
*********************************

 自動屈折検査

具体的に検査状況を
把握できる画像がないか?探してみました。

コンタクトレンズ教室:
コンタクトレンズに必要な検査と処方
 の

ページに「 (写真5)
オートレフラクトメーターによる
屈折検査」という画像が参考になります。

自動屈折検査とは、
検査機器の名称に
オートレフラクトメーターがあります。

オートレフラクトメーターは
眼に入った光の変化を調べます。

検査機器の前に座り
あごと額をつけて固定します。

眼に光線が当てられて、
眼の反応を測定します。

この機器の詳細写真で参考になるのは、

TOPCON
アイケア オートレフラクトメータ


受ける側の患者としては、
あまり興味の無い機械の説明ですが、

この機械が、
レンズに必要な計算を行い、
自動的に矯正の数値を出してくれます。







手動で行う方法も
あるようですが、ここでは解説しません。

フォロプター


TOPCON アイケア 屈折検査装置・システム


スネレン視力検査表


稲葉實のVDT視力表
 -自分で測定するスネレン視力表



白内障の検査では必要としませんが、
眼鏡などを御作りになる場合に受ける検査です。


フォロプターという眼鏡状の器具は、
スネレン視力検査表と一緒に使われるもので、

眼鏡やコンタクトレンズの処方時に
その人に最も合ったレンズを決めるのに使われます。


フォロプターには
矯正用レンズ一式がセットされていて、
検査を受ける人は検査表を見ながら
さまざまな度数のレンズを試すことができます。



通常、レンズの処方を決定するときは

このフォロプターを使って、
オートレフラクトメーターで計算された
レンズ処方の微調整を行います。










 人気ブログランキングへ登録しています。
            応援 戴けますでしょうか?











---------
スポンサーサイト

テーマ : ブログ記事型アフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

google
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

大神勝之

Author:大神勝之
ハンドルネーム
大神勝之
年齢:44
性別:オトコ
職業:自営業

最新記事
最新コメント
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSフィード
カテゴリー
FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 健康ブログへ

リンク
レーシック
私がお世話になっている
とくやま眼科さんのページです。


私の記事は、コチラです。

私が手術を受けた
坪井眼科さんのページです。

日帰り手術センター
Tsuboi Eye Center:
大阪 坪井眼科


坪井眼科さんの
記事は、こちらです。


上記以外の眼科クリニックは、
--- 以下に記載しています。 ---

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター大阪院

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター新宿院

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター名古屋院

神奈川クリニックのレーシックメイトに登録し、紹介した家族や友人が神奈川クリニックで手術を受けると謝礼がなんと3万円!詳しくはこちらへ




眼科松原クリニック

優愛クリニック

視力回復レーシックコム

お気に入りに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。