スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑内障の検査


  緑内障の検査


緑内障の症状
の項でも、
自分の意見を書き込んでいます。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    より抜粋。

**********************************
         検査

簡単に受けられる検査ですし、
患者は言われたとおりに着席して
従っておけば、すぐに終わります。

**********************************
検査は
眼圧検査、隅角検査、
眼底検査、視野検査、
視神経乳頭等の形状解析などが行われる。
*******************
   眼圧検査

毎回軽い気持ちで受けていますが、
眼に風が当たるのは、
何度やっても慣れませんね。

*******************
眼の内部の圧である眼圧を測定する。

眼圧を下げることが
緑内障の治療となるので
治療状況を把握するための
基礎的な検査である。

検査機器は接触型と
非接触型の二つに分けられ、
接触型としてゴールドマン眼圧計や
パーキンス眼圧計、トノペンなどがあり、

非接触型として圧縮空気を
吹き付けるノンコントノメーターがある。

前者は表面麻酔薬を用いて麻酔後、
時に黄色い色素をつけてから施行する
必要があるが後者よりも測定精度が高い。

またその施行には熟練を要する場合もある。

眼圧には日内変動があり病院受診時の
眼圧が代表的な眼圧とは限らない。

外来での眼圧が低いにもかかわらず
緑内障の進行が止まらない場合には、
他の時間帯に眼圧が上がっていることを
疑って24時間の眼圧の推移を測定する場合がある。

日内変動の他に日々変動や季節変動もある。

一般に角膜が平均より厚い人は
眼圧が実際よりも高く測定され、

逆に角膜がもともと薄い人や
近視矯正手術で薄くなっている人は、
眼圧が実際よりも低く測定される。

他にも角膜の病気があると
正確な眼圧測定ができずに
緑内障の病状把握が困難になることがある。

高眼圧症と診断される人の中には
角膜が厚いだけで実際の眼圧は高くない場合もある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    より抜粋。





 人気ブログランキングへ登録しています。
            応援 戴けますでしょうか?



















---------
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

google
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

大神勝之

Author:大神勝之
ハンドルネーム
大神勝之
年齢:44
性別:オトコ
職業:自営業

最新記事
最新コメント
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSフィード
カテゴリー
FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 健康ブログへ

リンク
レーシック
私がお世話になっている
とくやま眼科さんのページです。


私の記事は、コチラです。

私が手術を受けた
坪井眼科さんのページです。

日帰り手術センター
Tsuboi Eye Center:
大阪 坪井眼科


坪井眼科さんの
記事は、こちらです。


上記以外の眼科クリニックは、
--- 以下に記載しています。 ---

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター大阪院

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター新宿院

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター名古屋院

神奈川クリニックのレーシックメイトに登録し、紹介した家族や友人が神奈川クリニックで手術を受けると謝礼がなんと3万円!詳しくはこちらへ




眼科松原クリニック

優愛クリニック

視力回復レーシックコム

お気に入りに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。