スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑内障の治療


  緑内障の治療


眼圧
の項でも、
自分の意見を書き込んでいます。

******************************
        治療

ここは、サラッと読み飛ばしてほしい。

薬の一つ一つは、直接説明を
聴いたほうが解りやすいし、

手術や その手法は、
処置される前の日に、看護師さんから
詳しい説明をしてくれるのですから。

技術的に、詳しく知りたい人には、
わかりやすい解説だと思う。
******************************
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    より抜粋。

現在の緑内障治療の基本は、
眼圧を下げることを主眼においている。

その治療として点眼薬、内服薬、
点滴療法、レーザー手術、外科手術がある。

視野欠損の程度の少ない
発症初期には
点眼薬により様子を見るが、
視野欠損の進行具合と視神経の

障害の程度から判断して、
外科的手術をすることも少なくない。

また現在のところ失った視野を
全て取り戻す方法は無いとされる。

*********************
   薬による治療
*********************
点眼薬を優先するが、
眼圧降下が十分ではない場合には
内服薬(炭酸脱水酵素阻害薬)を併用する。

一過性に下げる必要がある場合には、
点滴療法を選択する場合もある。


基本的には眼圧を
低下させることにより、
視神経線維の障害防止を
目的として、使用される。

また 視神経の保護効果を
認める薬剤も見つかっており、
その目的もあって使用されるものもある。

治療薬は
視野障害の進行を抑えるために
使用するが、失った視野が回復することはない。
*********************
   レーザー手術
(レーザー虹彩切開術)
*********************
レーザーで虹彩周辺部に
小孔をあけて隅角が閉じないようにする治療。

急性あるいは
慢性閉塞隅角緑内障が、発症した場合に
( まんせい へいそく ぐうかく りょくないしょう )

薬物療法に優先して/平行して選択される。


レーザーでは
虹彩切開できない症例に対しては
「観血的虹彩切除術」か「白内障手術」を施行する。

最大の合併症は
角膜内皮細胞の減少で、
切開術施行後数年経ってから

角膜内皮細胞の減少により
角膜混濁が起こることがあり、
角膜移植や角膜内皮移植が必要になる。


*********************
レーザー線維柱帯形成術
(ALT ;  
 Argon Laser Trabeculoplasty, )
(SLT ;  
 Selective Laser Trabeculoplasty)
*****************************
隅角部にレーザーを
照射して眼圧を下げる治療。

入院が不要など負担は少ないが、
施行された中で眼圧が下がるのは約70%であり、

効いたとしても眼圧降下作用は小さく、
時間が経つにつれてその効果は減弱する。

したがって外科手術に代わるものではない。

手術を希望しない、高齢、
点眼するのを忘れがち、
副作用のため点眼が困難な
場合などにおこなわれる。

SLTは効果が減弱したときに再度施行できる。

*********************
  外科手術
線維柱帯切開術(トラベクロトミー)
*****************************
線維柱帯を切り開く手術で
( せんい ちゅうたい )
生理的房水流出路の
( せいりてき ほうすい りゅうしゅつろ )
機能回復を目的としている。

線維柱帯が眼圧上昇の
主因となっている場合には
根治的治療となりうる。

開放隅角緑内障に対する
線維柱帯 切開術後の平均眼圧は
薬物療法を併用しても10台後半である。

術後の合併症は少ない。

早発型発達緑内障や
ステロイド緑内障、落屑緑内障にはよく効く。

*********************
  線維柱帯 切除術
(トラベクレクトミー、濾過手術ともいわれる)
***********************************
虹彩に小さく開口部を作るとともに
強膜に水が流れる通路を造り、
後房から強膜外(眼球外)へと
房水を排出する。

眼圧降下作用が大きく、
効果の長期的な持続が見込めるものの、

手術直後の低眼圧、
浅前房、脈絡膜剥離や術後

しばらくたってからの
濾過胞感染など術後の合併症が多い。


末期緑内障に対する手術では
中心視野を喪失する場合もある。

前房に穿孔しない
非穿孔性線維柱帯切除術という
変法は術直後の合併症を軽減できるものの
眼圧コントロールを維持することが原法よりも
困難であり適応は限られる。

*********************
 隅角癒着解離術
*********************
広い範囲に虹彩前癒着がある
閉塞隅角緑内障にたいして
虹彩癒着を剥離することで眼圧を下げる手術。

生理的房水流出路を
用いるので眼圧降下には限界があり、
より低い眼圧を求める場合には
線維柱帯切除術がおこなわれる。

*********************
 観血的虹彩切除術
*********************
レーザー虹彩切開術ができない
原発閉塞隅角緑内障に対しておこなわれる。

*********************
 毛様体破壊術
*********************
レーザーもしくは冷凍凝固によって
房水を作る毛様体を破壊して眼圧を下げる手術。

*********************
 前部硝子体切除術
*********************
悪性緑内障に対して行われる。

************************

目の詳しい図解の絵でもない限り、
文字などを完全に理解するのは、難しいですね。


***************************************

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    より抜粋。






 人気ブログランキングへ登録しています。
            応援 戴けますでしょうか?



















-----------
スポンサーサイト

テーマ : ブログ記事型アフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

緑内障の名医を探す前に

失明を避けるためにも緑内障の名医がいる眼科を見つけることは大切なことです。一方で、放置しておけば症状は悪化する可能性を秘めていますので、早い段階で検査を受けて治療を受けておくことも求められます。治療の方法を決定するには名医に相談したいものの、まだ見つか...

先天性緑内障

先天性緑内障とは、主に赤ちゃんに見られる症状です。角膜が大きく見えて牛の目に似ていることから、牛眼と呼ばれることもあります。年齢が高くなってから生じる場合とは異なり、先天性の場合には生まれてすぐに発症することが多く、大部分は生まれてから1年以内に発症し

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

緑内障の原因

とても参考になりました。また寄らせていただきます。
google
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

大神勝之

Author:大神勝之
ハンドルネーム
大神勝之
年齢:44
性別:オトコ
職業:自営業

最新記事
最新コメント
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSフィード
カテゴリー
FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 健康ブログへ

リンク
レーシック
私がお世話になっている
とくやま眼科さんのページです。


私の記事は、コチラです。

私が手術を受けた
坪井眼科さんのページです。

日帰り手術センター
Tsuboi Eye Center:
大阪 坪井眼科


坪井眼科さんの
記事は、こちらです。


上記以外の眼科クリニックは、
--- 以下に記載しています。 ---

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター大阪院

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター新宿院

神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター名古屋院

神奈川クリニックのレーシックメイトに登録し、紹介した家族や友人が神奈川クリニックで手術を受けると謝礼がなんと3万円!詳しくはこちらへ




眼科松原クリニック

優愛クリニック

視力回復レーシックコム

お気に入りに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。